趣味の総合サイト ホビダス
 

TOMIX キハ47-0 キハ40-2000 JR四国色

ずいぶん前に予約していたTOMIXのキハ47-0形とキハ40-2000形のJR四国色が届きました。

 

外は終日雨。

 

とりあえず、今日は模型で遊べということか?

 

 

パッケージは編成両数が少ないので、簡易型です。

 

 

開封するとJR四国の鮮やかなコーポレートカラーの水色が目立ちます。

 

さっそく部品の取り付けを。

 

 

信号炎管やアンテナ、タイフォンなど取り付けましたが、TOMIXは台車の排障器も取り付けられます。

 

さらにキハ47ではエアタンクも別パーツ取り付け。

 

 

排障器を着けるだけで、下回りもグッとしまります。

 

前面種別幕は標準で「徳島」が取り付け済みですが交換パーツが入っています。

 

 

キハ47-2000には「高松」「牟岐」

 

 

キハ47-0セットには「鳴門」「穴吹」が入っています。

 

徳島近辺の高徳線、牟岐線、徳島線、鳴門線での運用を再現できます。

 

鳴門線のイメージで「徳島」のままにしておきます。

 

 

大事な作業。インレタ貼り。

 

これを貼らないと、車両に魂を込めることが出来ません。

 

 

ナンバーも入って、準備完了。

 

試運転開始!

 

 

右側が今回のTOMIX製。ヘッドライト点灯時。

 

左側は以前販売されたマイクロエース製のキハ47。

 

ライト周りの作りはさすがTOMIXのhigh-gradeです。

 

 

同じくテールライト点灯時。

 

これで両メーカー合わせて、我が家のJR四国キハ40系は全部で7両に。

 

 

現実では絶対にありえない高山線のJR東海色とのコラボ。

 

模型ならればのありえない連結も面白い。(車種的にはOKでしょうし)

 

試運転も終わり、いよいよ運用開始!

 

 

春の風景に、水色は似合いますね。

 

 

ファンタジックフォーカスで撮ってみました。

 

 

四国の風景らしくないかも知れませんがご愛嬌^^;

 

最後に実車写真です。

 

四国のキハ47、キハ40も活躍出来る期間は残り少なくなってきていると

思われるので、また記録しておかなくては。。。

 

 

 

最後におまけ。松山地区のキハ47.

 

 

Leave a Reply