趣味の総合サイト ホビダス
 

東武60000系甲種輸送 2015.2.15

東武60000系の甲種輸送を稲沢駅に撮りに行ってきました。

いつもの時間、朝の8:59が稲沢駅到着時刻。

その少し前に到着して待ち構えます。

 

稲沢駅隣接の愛知機関区は国鉄型ディーゼル機関車DD51の貨物機の最後の牙城です。

撮影するなら今のうちです。

 

 

構内を何度もDD51が通っていきます。

 

 

さらに最後の国鉄型直流電気機関車EF64-1000の最後の牙城でもあります。

 

 

定刻通りやってきた東武60000系。

山口県から東京までの長い嫁ぐ道の途中。稲沢にて小休止です。

 

 

牽引機は吹田機関区のEF66-116号機。

 

稲沢~清洲間で機関士交代のため40分ほど停まります。

 

歩いて、近くまで行ってみました。

 

 

 

天気が雨模様で、どうもキレイに撮れません。

朝から地元で行事が開かれていましたが、地元の方も東京の電車が停まっているので興味津々。

 

 

 

アーバンパークラインというところで使われるようです。

 

 

 

交代のため、機関車のドアも開いています。

 

 

9:40頃、定刻通り東京へ向かって出発していきました。

 

機関車がブレてしまったのが残念。近いうちに同時間帯でもう一回60000系の

甲種輸送があるみたいなので、再チャレンジ。

次回は晴れるといいのですが。

One Response

  • 今更のコメントで失礼します。
    快適な新車が増備されるのは地元民としては嬉しいです。
    ちなみ東武アーバンパークラインは以前、東武野田線の名称でした。
    埼玉の大宮から千葉の柏を経由して同じく船橋を結ぶ路線です。
    単線区間もある地方ローカルですね。

Leave a Reply